『なかむら’sアイケア』~目の健康寿命を延ばす~②

街の明かりが♪ 全部消えたら停電♪

はーい!エブリバディー!!こーんにちワンダフォー!!!

今回は『なかむら’sアイケア』の第2弾。

ブルーライト編です。

現在病というか、病ではないのですがあんまりよくはないものとして皆様の記憶媒体に保管されているのではないでしょうか。このブルーライトが目に悪影響を与えるかもしれないと情報が広がったのも今やスマホ・パソコンありきの時代になったから。

明るい画面の光から『目を護るアイケア』は必須なのかもしれません。

ちなみに、ブルーライト(ヨコハマ)による目に与える影響は

①安眠妨害

②視力低下

だといわれております。

医学的証明がされているわけではないですが長時間光を見続けて目の健康に良いとは言えないのでこの考え方がスタンダードになったのだと考えられます。

それで、明るい画面の光から『目を護る』にはどうしたらよいのか?

それには各社レンズ会社から発売されている【ブルーライトカットコート】通称BCC(ビーシーシー)と呼ばれるコーティングをお勧めしています。

メーカーによって目に与える影響の軽減具合に差がありますが

①メラトニンの生成を助ける

②眼精疲労を軽減する

この2つの効果があるとされています。

BCCで目を護る

詳しい説明を省いて簡単な説明をさせていただくとすると

①メラトニンの生成を助けることで快適な睡眠を提供することが出来る

②眼精疲労を軽減することで視力低下を防ぐことができる

というものです。・・・ということでおすすめです。

 

 

が、が、ただここで言いたいのは

’’万人に必要ではないコーティング”だということです。

どの程度の光をどの程度の時間浴びると病気になるの?・・・・・・立証されていません。

ブルーライトを当て続けると病気になるのかどうかもわかりませんが、同じことをしていても病気になる人、ならない人、病気になりやすい人、なりづらい人、人ヒト人、人によって大-------きな幅があることはわかっていただけると思います。

環境や個人差によって必要がない人もいます。

自分自身を見つめなおして自分に必要なアイケアをしてください。

それが『マイ、アイ、ケア』です。

目をつむるのも効果的ですよ

【マイアイケア】を心がけて少しでも長く健康な目とお付き合いしていってください。ほんの少しでもそのお力添えが出来ればうれしいです♪

nakayama MIZA